東京の観光聖地

2020年東京オリンピックが近づき、外国人観光客が急増中の東京。

観光スポットが多すぎて、旅行先に迷う東京観光。今回は江戸&東京の新旧文化も体験できるおすすめ観光スポットをご提案します!

東京観光で絶対行きたい新ランドマーク「東京スカイツリー」

1.jpg


東京観光の新ランドマークといえば、高さ634メートルの「東京スカイツリー」。


展望台が2つあり、購入したチケットで入場できるのは地上350メートルの場所にある「東京スカイツリー天望デッキ」。3層に分かれていて、カフェやレストラン、観光名物のガラス床などがあります。


さらに100メートル上の「東京スカイツリー天望回廊」へ上るには、チケットを追加購入するかセット券を購入しておきましょう。最高到達点451.2メートルの「ソラカラポイント」へは、スロープ状になった回廊を歩いて向かいます。


2.jpg


東京の展望台と言えば、東京タワーや六本木ヒルズなど数多くありますが、絶対オススメの展望台はやっぱり東京スカイツリー。展望台から見える景色は、眼下に関東平野を一望できる大パノラマ!どこまでも続く街並みの向こうには、富士山の姿も望むことができます。茜色に染まってゆくビル群の風景が美しい夕方、光り輝く絶景夜景など、いつ観光に訪れても美しい景色と出会えるでしょう。


東京スカイツリーが建つのは、商業施設とオフィス施設で構成される「東京スカイツリータウン」。商業施設「東京ソラマチ」には飲食店やファッションモールの他、観光土産が購入できるお店もたくさん。プラネタリウムもあるんですよ!


子供連れでの観光なら「すみだ水族館」がおすすめ。都会らしいお洒落な展示や企画を次々と生み出している水族館なので、大人もたっぷり楽しめますよ。


アクセス:

京成電鉄「押上駅」A3出口すぐ


「浅草寺・雷門・仲見世通り」これぞ東京の観光名所!


3.jpg


浅草観光といえばやっぱり「浅草寺」。1400年の歴史を持つ見所たっぷりのお寺で、外国人観光客にも大人気の観光スポットです。


仲見世通りを歩いていくと正面に見えてくるのが「宝蔵門」。裏側に回ると500kgもある大きなわらじがありますので、見逃さないでくださいね。浅草寺のシンボルタワーでもある五重塔の高さは53.3m、夜になるとライトアップされるのでデートスポットとしても大人気。本堂内部は拝観できませんが、夜間は参拝客も減るのでゆっくり観光することができますよ。



国内外から観光客が集まる浅草は、いつも賑わいと活気に溢れている町。特に「風雷神門」、通称「雷門」は撮影スポットとして観光客に大人気です。


ちなみにこの雷門、慶応元(1865)年に火災で炎上してしまったものを、昭和35(1960)年に松下電器(現パナソニック)の創業者、松下幸之助が再建したということをご存知でしたか?大提灯には「松下電器」のプレートが取り付けられているんですよ。


4.jpg


雷門から宝蔵門まで約250メートル続く「仲見世通り」は、土産物屋や和菓子店などが軒を連ね、いつも観光客で大賑わいです。


お手軽スイーツから老舗名店まで、おいしいものがたくさんの仲見世通りでの観光のお楽しみはやっぱりグルメ。浅草名物の人形焼きはいくつかのお店で取り扱いがあるので、食べ比べて気に入ったものをお土産にするのがおすすめ。「きびだんごあづま」や「亀十のどら焼き」など人気店もお忘れなく!

アクセス

銀座線・浅草駅:1番出口

都営地下鉄・浅草線:A4出口


「浅草花やしき」はミシュランも認めるレジャースポット

5.jpg


「浅草花やしき」は、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』第4(2015)にも掲載された、東京を代表する観光名所です。


その歴史は長く、江戸時代末期嘉永6(1853)年に造園師である森田六三郎氏により、牡丹と菊細工を主とした花園(かえん)として誕生。明治5年頃からは遊戯施設が置かれ、その他にも珍鳥や猛獣の飼育、西洋あやつり大写真や山雀の芸等でたちまち人気観光地になったと言われ、当時は大正天皇もお忍びでお越しになられたそうです。


昭和28(1953)年に設置された、日本現存最古のコースター「ローラーコースター」。


その乗車時間は1分半、時速はたったの42km/h!・・・とはいえ結構スリリング。やっぱり花やしき観光に来たら、「ローラーコースター」は外せないアトラクションです。レトロな乗り物やノスタルジックな雰囲気・・・そして、浅草らしい下町の情緒や温かさを感じられる素敵な観光スポットですよ。

アクセス:「浅草」駅から徒歩3

地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩5


戦後の復興を支えたユニークな商店街「アメ横」

6.jpg


「アメ横商店街」とは、JR御徒町駅からJR上野駅手前まで、架橋の脇とガード下、約500mの間に400店舗ほどのお店がひしめく商店街のこと。「アメ横通り」を中心に、買い物客から観光客まで国際色豊かに、常時人波が絶えることはありません。

アメ横通りにはとにかくいろんなお店が並んでいます。生鮮食品・衣料品・装飾品・スポーツ用品・雑貨などなど…。


JR御徒町駅の北口より徒歩2分の距離にある「摩利支天徳大寺」。江戸時代初期の寛永年間(1624-1645)に創建と伝えられる、400年近い歴史をもつ日蓮宗のお寺です。

徳大寺の際立つ特徴としては、なんといってもアメ横の商店街の上に鎮座しているということ!“神聖なお寺”と“賑わう商店街”の対比が何とも特異な雰囲気で、実に興味深い観光スポットです。

アクセス:

電車:/JR「上野」駅中央改札出口、「御徒町」駅北口より徒歩すぐ。

東京メトロ:「上野」駅5B出入口、「仲御徒町」駅「上野広小路駅」A2/A5/A7出入口より徒歩すぐ。

都営地下鉄:「上野御徒町」駅A7出入口より徒歩すぐ

桔梗門まで

JR東京駅丸の内中央口から徒歩約15

地下鉄千代田線二重橋前駅から徒歩約10

地下鉄三田線大手町駅から徒歩約10


平川門まで

地下鉄東西線竹橋駅から徒歩約5



シェア: