日本の医療・保険制度はWHOの評価世界1位

日本の医療(英語: Healthcare inJapan)は、複数提供者制の社会保険によるユニバーサルヘルスケアが実現されており、厚生労働省が所管している。2012年のGDPに占める保健支出は10.3%であった(OECD平均は9.3%)。人口高齢化、一人あたり支出の増加、医薬品・医療機器の高度化によって支出は増加する傾向にある。

医療制度は「国民皆保険制度」「フリーアクセス」「自由開業医制」「診療報酬出来高払い」に特徴づけられる。医療保険は1961年にユニバーサルヘルスケアが実現され、原則として市町村が運営する国民健康保険への強制加入となり、条件を満たす者は代わって職域保険(被用者保険や国保組合など)への加入を可能としている。


実際に日本の医療は、WHOの評価では、健康達成度の総合評価において世界1位です。


世界的な平均余命については、WHO Worldhealth Statisticsによると、先進国の平均寿命は80歳、先進国の平均健康寿命は70歳であり、一方で日本の平均寿命は83歳、平均健康寿命は76歳であった。    

         

死亡率についても世界で低位のグループであり、WHO2013年統計では、妊産婦死亡率・周産期死亡率・新生児死亡率・乳児死亡率・乳幼児死亡率・成人(15-60)死亡率らは、世界平均や先進国平均よりも著しく低いものであった。これらは1900年前後に統計を取り始めて以後、単年度の増減はあるが10年推移では必ず減少し、2011年度では史上最少値または史上最少値の近似値であり、妊産婦死亡率・周産期死亡率・新生児死亡率・乳児死亡率・乳幼児死亡率は生物的な限界値近くまで減少していて、2000年代以後の減少率はゼロに近くなっている。


日本の医療の「質」は世界最高レベル?最新の国際調査で発表しました。

あたりまえのように受けている日本の医療の「質」。国際的に見た場合、どんなものなのでしょうか?


国際的に権威のある専門誌Lancet(ランセット)に、保健医療の質の高さやアクセスの容易さを世界195か国で調べ、ランキング化した調査が発表されました。                       日本は11番目。つまり世界195か国中で11位ということでした。

ちなみに国名の横についている数字(HAQスコア)は、医療の質を示す「総合得点」のようなものですが、日本は89点となっています。世界4位にランクされているスウェーデンでも90点ですから、その差はわずかです。


ちなみに、得点が飛びぬけて高いアンドラ公国(95点)は人口7万人あまり、アイスランド(94点)も33万人あまりと人口規模が小さく、日本と単純に比較するのは難しい気がします。


日本と人口規模や社会状況が近いG7(先進7か国)で比較すると、例えばアメリカは35(81)、イギリスは30(85)となっています。G7諸国の中で、日本は最上位にランクされました。


この研究によれば、社会状況が近い国で比較した場合、日本の医療の質は「世界最高レベル」と評価されているようです。      





シェア: