がん免疫療法とは


世界的に注目される「免疫療法」


現在、一般的に行われているがん治療は、外科治療(手術)、化学療法(分子標的薬を含む抗がん剤による治療)、放射線治療の3つで、これらを総称して三大がん治療といわれています。この三大がん治療に加えて、近年“第4のがん治療”として注目されているのが免疫療法です。免疫とは、体の中に侵入した異物を排除するために、誰もが生まれながらに備えている能力です。この能力を高め、がんの治療を目的とした免疫療法を特に「がん免疫療法」といいます。


近年、免疫システムの研究が大きく進み、新しいタイプの治療法が次々に登場するなど、がん免疫療法は注目されており、アメリカの科学誌「サイエンス」は、Cancer Immunotherapy(がんの免疫療法)を身体の免疫システムを利用した非常に魅力的な治療法であるとして、2013年の科学のブレークスルー(画期的な進展)に選びました。

ユニークなメリットを持つがん免疫療法

三大がん治療が外部からの力(手術・抗がん剤・放射線)を借りてがんを治療するのに対し、免疫療法は主として本来体が持っている免疫力(免疫細胞)を活かしてがんと闘います。免疫療法は、他の治療ほど即効性はない場合もありますが、効果が長期間持続することを特徴とします。これが免疫療法の最大の利点です。免疫療法は、自分自身の持つ免疫力を使った治療なので、体力があり免疫の働きも衰えていない病気の早い段階で使うと、より高い効果をあげることも知られています。


また樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン療法など一部の免疫療法では、他のがん治療に比べて副作用の報告が少ないこともメリットです。手術・抗がん剤・放射線といった従来の治療と組み合わせて同時に行うこともできます。

免疫力を高めるだけの治療から、がんを狙い撃つ治療への進歩-特異的がん免疫療法

1990年代までの免疫療法は、「非特異的」がん免疫療法といわれています。体全体の免疫能を底上げしてがんと闘うことを目指すものでしたが、開発されたいずれの治療でも進行がんに対する単独での有効性は証明されませんでした。


1990年代に入り、免疫細胞ががん細胞を攻撃するメカニズムが明らかにされ、「正常細胞に影響なく、がん細胞を攻撃する」という「特異的」がん免疫療法が医療の現場に取り入れられるようになりました。すなわち、免疫療法は、体全体の免疫の活性化しかできなかった非特異的がん免疫療法から、がん細胞に特化して免疫力を高め、より効率的に作用する特異的がん免疫療法へと発展したのです。さらに、免疫応答を抑える分子の働きが徐々に解明されてきたことも加わり、21世紀の免疫療法は飛躍的に進化しました(下図)。


1.png


がん免疫療法の併用は新時代のがん治療となるか

がん免疫療法は大きく2つの種類に分かれます。


1つは、がん細胞を攻撃し、免疫応答を亢進する免疫細胞を活かした治療で、アクセルを踏むような治療法といえます。もう1つは、免疫応答を抑える分子の働きを妨げることによる治療で、いわばブレーキをはずすような治療法です。

免疫細胞の機能を高めてがんに対する攻撃力を強める前者の治療法の代表的なものとして、樹状細胞ワクチン療法があります。これは、生体内で、樹状細胞ががん細胞からがんの目印を取り込んで、それをリンパ球に伝えてがんを攻撃させる免疫システムを利用したものです。

後者の代表は、オプジーボ、キートルーダ、ヤーボイなどの免疫チェックポイント阻害剤で、一部はすでに日本でも承認されがん治療に使用されています。これらは直接がん細胞を攻撃するのではなく、がん細胞を攻撃するTリンパ球にブレーキをかける分子の働きを阻害します。これによって、Tリンパ球はがん細胞に対する本来の攻撃性を取り戻し、抗腫瘍効果を発揮します。

アクセルを踏む治療とブレーキをはずす治療は、併用することで効果が高まる可能性があり、今後の研究に期待が寄せられています。例えば、抗PD-1抗体薬は、がんを攻撃するTリンパ球ががん組織に浸潤しているときに効果を発揮します。そのTリンパ球を作り出すことができるのが樹状細胞ワクチン療法です。樹状細胞ワクチン療法で、まずがんを攻撃するTリンパ球を体内に作ることが、がん免疫療法を成功させる鍵となると考えられます。

がんと免疫の深い関係  

2.jpg


私たちのからだ(自己)は、免疫細胞群の緻密な連携によって、病原菌やウィルスなど(非自己)の外敵から守られています。免疫細胞群は、常に、外界から体内に侵入してきたウィルスや細菌などや、体内の異常を監視し、異物を感知した場合には、それを破壊して排除します。

細胞の中には遺伝情報としてDNAが含まれています。DNAは、なんらかの原因で変異が発生したり、多少傷ついても修復され、元に戻ったり、アポトーシス※を誘導して自滅したりしますが、稀に正しく修復されないことがあり、この結果、無秩序に細胞分裂を行い増殖してしまう細胞があります。このように、無秩序に増えコントロールを失ったものを「がん」と呼びます。無秩序に増えたがん細胞は、正常な細胞に対して悪影響を与え、健康を害します。

※アポトーシスとは:生体には不要な細胞や有害な細胞に細胞死を誘導し、これを排除する仕組みが存在します。この細胞死をアポトーシスといいます。

がん化した細胞を排除する“腫瘍免疫”

正常細胞のがん細胞化は、それほど珍しい現象ではありません。体内では毎日のように起こっている現象です。しかし、免疫細胞群がそれを“非自己”として認識し、排除するため、大きながんに育つことはほとんどありません。


免疫システムが行う、がん化した細胞への攻撃は、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が優れています。特に、初期の数の少ないがん細胞であれば、そのほとんどがNK細胞によって排除されます。またNK細胞ががん細胞を減らす攻撃力よりも、がん細胞の増殖能力が勝っているような場合でも、リンパ球や好中球など、他の免疫細胞群が動員され攻撃を加えて、最終的にがん細胞は排除されます。


このように免疫細胞群は、ウィルスや細菌といった外敵だけではなく、同時にがんという病気からも私たちを守っています。

もともと自己であるためがん細胞は見分けにくい


以上のように免疫システムは、がん化した細胞を排除してくれますが、がん細胞も増殖するために、さまざまな手段で免疫細胞からの攻撃を回避しようとします。例えば、異常な細胞として免疫細胞に見つかると攻撃されるため、正常細胞の「ふり」をして攻撃を逃れようとします。そもそもがん細胞は、正常な細胞が変異して生じる細胞のため、免疫細胞群から見ても判別が難しく、攻撃の機会を逃す場合も多々あります。一方で、がん細胞に際立つ目印もあります。この目印をターゲットとして免疫細胞にがん細胞を攻撃させる免疫療法を「特異的免疫療法」といいます。      

シェア: