水素によるがん治療+善玉菌移植療法

  人間の腸には常に100兆個以上の腸内細菌が生息しており、その腸内細菌が免疫のバランスを制御し、健康を維持する要因であると考えられています。一方で最新の研究では腸内細菌叢の乱れや偏りが、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患と呼ばれる消化管粘膜に炎症を生じる病気の悪化に関与していると考えられています。また食物アレルギーをはじめ様々なアレルギー性疾患も腸内細菌と関連することが分かっています。さらに糖尿病や肥満などの代謝性疾患や自閉症などの精神疾患と腸内細菌叢との関連までもが示唆されています。そのため、腸内細菌叢を調節することで、これらの疾患を治療しようとする試みも進められています。

微信图片_20180803140606.jpg


  「活性プロバイオティクス移植療法」は近年日本を風靡する革新的な天然生物療法である。口腔粘膜移植、胃腸の移植、膣の移植にも広く応用されている。プロバイオティクスは活性微生物と定義され、ヒトの体にはなんと1030兆のプロバイオティクスと酵母が棲みついている。首尾を繋がると、地球の周りを2.5回転すると推定されている。多くのプロバイオティクスは結腸に常在し、数十億が口腔、鼻腔、食道、歯茎の周囲に動いている。ヒトの体の胸膜腔、胃、腸管、膣、直腸、または関節、わきの下、足のつめ、足と足指間、尿路、尿管内、その他の多くの場所にもに生息しています。ヒトの体は病気を予防するため、または健康を保つために、毎日約60億~100億のコロニー形成単位を補充する必要がある。


  プロバイオティクスはヒトの70~80%の免疫反応を担当し、大量の免疫グロブリンがマクロファージ(免疫細胞)を活性化して多種の病原微生物を殺すことができる。その同時に、腫瘍壊死因子(TNF)やインターロイキンIL-6の放出を誘導したり、口腔や食道、胃腸発癌因子の産生を抑制したり、ニトロソアミンの発がん性を分解したり、口腔粘膜、腸粘膜と膣粘膜を修復したりして、免疫力を高めて炎症を改善してがんを予防することになります。活性プロバイオティクスは血液に吸着したグルコースを分解し、その代謝を改善する。糖尿病や高血圧を予防し、アスペルギルス菌によって産生され人の肝臓がんを抑制し、活性酸素・フリーラジカルを消去し、細胞老化を遅延する。体内に溜まった毒素を排出し、肥満体型を整える。

  プレバイオティクスは善玉菌を摂取するわけではなく、もともと腸内にいる善玉菌を活性化したり、腸の活動を改善して腸内環境を改善する食品のことを指します。


  生きた菌や菌体それ自体を摂取して腸内環境を改善しようとするプロバイオティクス・バイオジェニックスとは手段は違いますが、腸内環境を改善しようという基本的な目的は同じといっていいでしょう。


  腸内環境を改善する作用のある食物繊維、消化酵素で分解されずに大腸まで到達してビフィズス菌のエネルギー源になるオリゴ糖が代表的なプレバイオティクスです。


  プロバイオティクスとシンバイオティクスを同時に摂取することをシンバイオティクスと呼びます。プロバイオティクスとは口から肛門にいたる広義の消化管に定住する常在細菌群に働きかけ、ヒトや動物に良い影響を与える生きた微生物、またはそれを含む製品や食品のことを指します。ここに挙げられている効果以外にも今日では「お口の中の健康」、「高血圧の予防」、「安眠」、「プリン体対策」、「ドライアイの改善」、「マウスの寿命の伸長・アンチエイジング」など様々な効果が確認されています。


「水素」によるがん治療+善玉菌 水素スチーム吸入療法 抗霾、抗がんの特別部隊


  多くの病気は「活性酸素」が原因と言われています。老化にも「活性酸素」が関わっていることが明らかにされています。呼吸した酸素の約3%は活性酸素に変化しますが、それ以外にもストレスや過激な運動、飲酒や喫煙でも体内で活性酸素が発生します。常に発生する活性酸素を即座に消去しないと細胞や血管が錆びて病気や老化の原因となります。水素の作用として、この活性酸素を消去する抗酸化作用が強力である事が近年発見されましたが、その他にも多数の効果があり、健康維持、病気予防、老化予防や、多くの病気治療への利用が始まっています。この治療には副作用がないことも大きな特徴です。


  水素の作用は多彩ですが主な作用は抗酸化作用です。活性酸素の消去能が強く、活性酸素の中で最も凶悪な「ヒドロキシラジカル」を選択的に消去します。水素ほど効率よく「ヒドロキシラジカル」を消去する物質はありません。水素には、抗酸化作用以外にも多数の効果が明らかにされ、下記の多彩な作用が報告されています。しかも、水素は世の中で最も小さな元素であり、それ故にどんな壁も突き抜ける浸透性があります。末梢の細胞にも、その細胞内にも水素は届けられて作用します。


  水素吸入は医療の現場で取り入れられており、心筋梗塞などで心停止状態になった患者に、水素ガスを吸わせることで、寝たきりになるなどの後遺症を減らせる。他にもパーキンソン病等の対策として水素吸引を用いる研究が進められています。「水素吸引」は、医療の現場で需要が高まっていますが、一般でも、病気予防や美容対策・ダイエット対策等で積極的に活用されてきています。特に美容や健康の意識が高い方たちと、スポーツ選手やアスリートが積極的に水素吸引を活用しています。「水素吸引」は、大量の水素を体内にとりいれられるだけでなく、リラックス効果も高いです。


水素治療の適応(対象者):
毒素沈着、口臭、舌苔、口腔潰瘍、咽頭炎、気管支炎、肺炎、風邪、咳などの免疫力が低下、喫煙、飲酒、睡眠不足、ストレス、辛い物や揚げ物を好む人など

治療回数と期間の目安:
治療コース:1日に1回、15回を1コース。或いは自分の体調次第、指導医の指示に従う。

養生コース:週に2回、8回を1コース。或いは自分の体調次第、指導医の指示に従う。


注意事項と禁忌:
1 .
ボトルを押し、ボトルの凍結乾燥粉(フレーズドライ)を調理液に溶かした後、軽く振ってスプレー容器に入れてください。
2 .
スプレー の使い終わったたび、水槽の水を完全に流して、アトマイザーを拭きます。
3 .
腎不全や喘息、心不全、または重症高血圧患者は使用することは禁止されています

4 .長期的に薬物を服用される方は、明確的に医者に知らせてください。

シェア: