血液フォトセラピー(血液紫外線照射療法)

血液フォトセラピー (血液紫外線照射療法)は、採血した血液に特定波長(254ナノメートル)の紫外線C波を一定時間照射して、そのまま身体に戻すという治療法です。


その効果は多岐にわたり、がん、気管支喘息、細菌感染、敗血症、ウイルス感染(C型肝炎、AIDS、ポリオ、帯状疱疹など)、血栓性静脈炎、うつ病、片頭痛、デトックスまで幅広く治療に用いられ、さまざまな効果が認められています。


血液フォトセラピーは、血液クレンジングと同様に、ドイツ、イタリアなどのヨーロッパ諸国で盛んですが、アメリカやロシアでも盛んに行われています。この治療は長い医学研究と臨床治療の歴史があり、安全性も確立しています。


血液フォトセラピー (紫外線C波血液照射療法)UVB(315280nm)UVC (280 nm 未満)2種類を使用しているために、作用が顕著で高い効果が得られます。実際の治療時間は、通常の機器使用では5分程度で終わりますが、当院の血液フォトセラピーは、約20~30分治療いたします。


紫外線によって活性化された血液は、体内の血液、さらに身体の細胞を活性化し、エイジングケア効果をあらわすだけでなく、各種の疾患に治療効果を発揮します。


下記の症状に適応:禁忌症以外の方々、子宮頸HPV感染症、疾患、がん予防と疾患、がん免疫系の回復など。

予防と養生:半年に12

禁忌症:溶血性疾患、白血病

シェア: