全身(98種)の疾患検診+腫瘍(がん)のスクリーニング

「御医日本医療」最先端の精密検診は主に3つに分けられる


1 .全身98疾患検診+腫瘍(がん)のスクリーニング:


スクリーニング検査は,リスクのある無症状の患者に実施される検査である,定期的な身体診察およびスクリーニング検査によって,無症状の患者で癌が検出されることがある。早期診断により癌を早期かつ治癒可能な段階で発見することで,癌死亡率が低下する可能性があるためである。


2.    専門性で精密な検査

仕事で多大なストレスや不安、生活が不規則な中高年の方既往歴がある、或いは検査で局所の病気が発見された自覚症状家族歴がある方などに対して、精度の高い的確な検査を行う


3 .高精密癌RNA遺伝子検査:


遺伝子検査は大きく2つに分けられるといいます。親から受け継いだがんリスクを診断する「DNA検査」と、生活習慣などが原因で後天的に生じたがんリスクを診断する「RNA検査」です。病気を発症前の“種”のような状態で発見し、現実の病気になる前に治療するという考え方ですが、遺伝子検査の発達により、その究極の予防法がまさに実現されつつあるわけです。


検査項目内容:

1. 医師診察:現病歴・既往歴・家族歴・服薬歴・アレルギー歴            
2
. 身体測定:身長・体重・肥満度・BMI・腹囲
3.
内科検査:血压测定心拍数・視力・眼圧・眼底・聴力・肺機能测定・心電図(安静時)

4. 血液一般:白血球数5種類)・赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリット・血小板・平均赤血球容積・平均ヘマトクリット・平均ヘモグロビン濃度
5.
血清学的检查:C-反応性たんぱく(CRP)・梅毒・肝炎ウイルス(HBs抗原,HBs抗体,HCV抗体)・血液型(ABO*Rh
6.
甲状腺機能检查:甲状腺刺激ホルモン(TSH)・遊離サイロキシン(FT4
7.
感染病:抗体
8.
肝機能の検査:総蛋白・アルブミン・A/G比・総ビリルビン・ASTALTY-GTPALP
9.
腎機能の検査:尿素窒素・クレアチニン・電解質(NaKCl, Ca, P, Mg)测定
10.
脂質の検査:総コレステロール・HDL-コレステロール・LDL-コレステロール・中性脂肪
11.
膵機能の検査:アミラーゼ
12.
血糖検査:空腹時血糖・糖化ヘモグロビン(HbA1c
13.
痛風:  尿酸
14.
尿検査:蛋白半定量・糖半定量・ウロビリノーゲン・尿潜血・尿沉渣(赤細胞白細胞)・尿比重・微量の尿蛋白pH
15.
便検査:便潜血(二回法)
16.
レントゲン検査:2点式透視撮影
17.
超音波検査:上腹部・下腹部・肝臓・胆のう・腎臓・膵臓・脾臓
18.
婦人科検査:子宮体部細胞診子宮頸部細胞診経膣超音波(エコー)検査・コルポスコピー診

5. 19. 腫瘍マーカー(10種):
CEA (
胃がん・大肠がん・膵癌・肝硬化)
CA19-9
(膵癌・胆、胃、大肠などの消化器がん)
PSA (
男性のみ・前立腺肥大症・前立腺がん)
CA-125 (
女性のみ・子宫筋腫・子宫がん・卵巣がん)

シェア: