マイクロRNA治療法

DNA遺伝子検査とは、祖先から引き継ぐDNAの情報を読み取り、ガンなど病気のリスクや体質など遺伝的傾向を知る検査です。だが、DNA遺伝子は遺伝の過程でRNAが変化する可能性があるので、祖先のDNAに現れなかった病気は、決して自分にも起きないとは限らない。RNA遺伝子検査は将来的な病気にかかるリスクを予測し、血液を通じて遺伝物質( RNAリボ核酸)の取り出し、RNA分泌量の変化に基づいてガンを判定することが可能です。


血液RNA遺伝子検査はガンの早期発見を目指し、体内に異物が発見した場合、体に発生した遺伝子レベルの反応を分析し、ガンであるかどうかを検出することが可能であるという。消化器によってがんを正しく判定できる精度は、95%以上に向上したという。


医学の進歩に伴い、ガンの治癒レベルも大幅に向上させてきました。その中、大きな原因は検査精確度が高またので、早期ガンは早めに治療することができることです。しかし、早期ガンはほとんど自覚症状がなく、どうしたら早めに発見されたのか?この難題を解明する有効な方法は血液RNA遺伝子検査だという。日本が開発した血液RNA遺伝子検査は、世界最新の早期ガン高精度の診断技術である。臨床で多用されている腫瘍マーカーは、既存のガン細胞から分泌された特殊な蛋白質を分析し、ガンの有無を測定することです。ガン細胞が一定の大きさにならなければ測定することは非常に困難ですが、それぞれの癌細胞に210種類の特有のマイクロRNAがあることが判明、RNA遺伝子検査はRNA分泌量の変化を調べることに、どのガンも95%程度の確率で発見できた。年に一度、定期的に受けていただくことをお勧めします。


マイクロRNA治療のご説明

1.510 ccの血液を採取し、空腹不要です。
2.検査結果がでるまでに34週間ほど必要です。
3.副腎皮質ホルモン、免疫抑制剤、抗癌剤、化学療法剤などを服用された場合は、検査結果に影響がでる可能性があるので、必ず医者にお申し出ください。
4.降圧剤、糖尿症治療薬、高脂血症治療薬、鎮痛剤は検査結果に影響を与えません。

シェア: