PET-CT検査

PET/CTとは、PETPositron Emission Tomography : 陽電子放出断層撮影)とCTComputed Tomography)の特徴を融合させた最先端の検査です。PETではがん細胞の活動状況を知ることを得意とします。また、CTでは臓器の形をしっかりと映し出すことを得意とします。その二つの画像を重ね合わせてみることにより、正確な診断を行うことが出来ます。PET/CTPET装置とCT装置を一体化したもので、二つの検査を同時に短時間で行うことができます。



がんの早期発見が得意


PET-CT検査は、1センチ前後の小さながんを見つけることができます。がんの早期発見が得意な検査といえます。


全身検査で転移や再発したがんを見つけるのが得意


PET-CTは一度の撮影で全身を診ることができるという特長があります。従来の画像診断機器は全身に散らばったがんを見つけることが苦手でしたが、PET-CT検査では、転移がんの全身分布を把握することができます。これは「がんの見落とし」が少なくなるメリットがあります。



悪性度と活動性を把握するのが得意


PET-CTで撮影した画像は、18F-FDGが多く集まっている場所ほど光が強く見えます。その光の強弱によりがんの悪性度や活動性が分かります。


がんの活動性の低下が分かると、抗がん剤治療や放射線治療の効果を判定することができます。また、がんには小さくても悪性度の高いがんがあります。PET-CTなら悪性度が分かるので、例えば「小さくても危険」ということが推測できます。このような情報は、外科医が手術で切除する範囲を検討するときに役立ちます。



細胞を調べることができない脳腫瘍の診断で活躍


脳腫瘍が疑われても、簡単には細胞を採取して調べることができません。しかしPET-CTを使えば、脳腫瘍であっても悪性度が分かるので、治療方針が立てやすくなります。



脳腫瘍を検査する場合は、18F-FDGの代わりに11Cメチオニンというアミノ酸の一種を患者に投与することがあります。11Cメチオニンは正常な脳細胞には集まらず、脳腫瘍にだけ集まるからです。11CメチオニンによるPET-CT検査を行えば、手術で切除する範囲を定めることなどができます。



造影剤を使わないのでアレルギーがある人も安心


一般的なCT検査では造影剤を使うことがあるのですが、患者によっては造影剤にアレルギー反応を起こす方もいます。しかし、PET-CTでは造影剤を使わないので、アレルギーがある方でも安心して検査を受けることができます。

シェア: